カードローンを使い続けると金銭感覚がマヒしてきます…

カードローンってすごく便利ですし、今の生活にはなくてはならないものになっています。毎月頑張ってやりくりしても、お給料日前に少しお金が足りなくなった時などに、気軽に借りることができますし、知り合いから借りるわけでもないので、抵抗感もあまりないです。

 

考える

それにカードローン用のカードって、見た目が銀行のキャッシュカードみたいですので、お金を借りて引き出すときも、まるで自分の口座にもともと入っていた、自分のお金を引き出していると錯覚してしまいそうになる時もあります。ですが、カードローンを使っていくうちに一番マヒしてくるのは、やはり金銭感覚です。

 

限られた範囲内で、お金を使っていくという感じがなくなります。いつでも欲しい時にお金を手にすることができますので、ふだんなら買うのを迷うものでも、あっさり買ってしまうこともあります。それに、月々払える範囲で返済金額を設定できる場合も多いので、気長に払っていけばいいやという気分にもなります。

 

いったんマヒした金銭感覚は、元に戻すのはかなり大変です。なんとかなっているうちはこのままでいいかなと、正しい金銭感覚にする気もなくなってしまうからです。自転車操業も当たり前になってしまっていますので、あちこちのカードローンを利用しながら何とか毎月返済するようになってしまっていますが、心の底では何とか抜け出したいと思っています。